大事なワンちゃんネコちゃんをチーム医療で生涯、見守っていきます。

2010.05.21更新

先週の土曜日、木下動物病院では”初”の『しつけ教室』が開催されました。
生後6ヵ月齢までの子犬達へ向けた『パピークラス』とそれ以後のワンちゃんが参加する『成犬クラス』との2クラスでの構成です。
木下家からも2月に生まれた、ミニチュアダックスフンドの双子、「ココ&ルル」(両方とも女の子です)とその母「バニラ」が参加しました。
 

相模原の動物病院なら木下動物病院へ!!


パピークラスは木下動物病院自慢の広い待合室を使い、まずは子犬同士が触れ合う時間が設けられました。まずは子犬たちにここは安全な場所だよっとわかってもらうため、ハーネスをはずし自由に動いてもらうのですが、改めて一匹一匹性格が違うんだな・・・と実感させられました。ク ンクンと積極的にお友達のにおいを嗅ぎに行く子もいれば、一つの場所を行ったり来たりするマイペースな子など、それぞれの性格の違いが一目瞭然だったんで す。
そして、その後はおやつなどを使い、飼い主が呼んだらすぐに戻ってこれるか・・・などの練習が行われました。(これまでどんなおやつが良いの か詳しく分かっていなかったのですが、体に良くお勧めのもの、多くのワンちゃんが好む人気のものなどが知れてとっても勉強になりました
 
中でも一番印象に残っていたことは、飼い主とのスキンシップの練習でした。幼犬の頃から頭や手・足、爪の間、目の周 りなどいろいろな部分を触られることに慣れておく必要があるということを学び、とても勉強になりました。ちょっとだけでなく一定時間そういったスキンシッ プをする癖を今からしっかりつけておくということが大切なんだそうです。毎日簡単にできる宿題も出たので、まずはそれを実行してみようと思います(飼い主共々三日坊主にならないように・・・・
 
 
 そして、次の時間に開催された成犬クラスでは、さらにいろいろな性格のワンちゃん達に遭遇しました。
こ うやっていろいろな犬種のワンちゃん達と触れあえる機会って意外に貴重だなって感じました。
 クラスでは「どうすれば魅力的な飼い主になれる か・・・」という問いかけに皆さん、一生懸命参加してくださいました。
 これまでは、甘やかさない・ワンちゃんより上に立つなど、どうす ればうまく従ってもらうかを考える機会が多かったけれど、今回参加してみて、どれだけワンちゃんにとって興味を持てるか、「この人楽しそう」と思ってもらえるかと考えるほうが、よっぽど重要であるということに気付かされました
確かに犬としても「この人甘やかしてくれるから、言うこときかない!」とか「この人嫌い」って思うような感情は、あんまりあるよ うに思えないですよね・・・・
(本当の犬の気持ちが分かるわけではないけれど・・・・)
 
今回のしつけ教室をきっかけに、飼い主 としての自覚が強まり、良い刺激をたっくさん受けたので、これからはワンちゃん達とより友好的な関係を気付けるように、責任をもってしっかりとした教育を していきたいと思いました。
 
そして、クラスの中ですっごく元気のよかった(良すぎた笑)ワンちゃんが先生のちょっとしたしつけで、すぐに言うことを聞く素直なワンちゃんに変わっていた時には「☆目からウロコ☆」でした。 初めてあった先生なのに、こんなにすぐ影響が出るものなのですね・・・アマチュアな私にだって一日一日積み重ねていけば大きく変わっていくはずっと元気づけられました。笑
 
でも今回はまだまだ導入部分ということで「しつけ」って奥が深そうです・・・。(もっともっといろいろ知りたい
 
今後も木下動物病院のしつけ教室は続いて行くので、毎回のレッスンを楽しみにしていきたいと思います
 
参加された皆様、お疲れ様でした。そして次回参加の方々、一緒に楽しみながら頑張って行きましょう

投稿者: 木下動物病院

2010.05.10更新

投稿者: 木下動物病院

木下動物病院 tel:042-763-1221
ペットホテル ドッグラン トリミング ドッグスクール わんにゃんドック 去勢 問診票ダウンロード オンラインストア動物ナビ アイペットペット保険対応動物病院 アニコム損害保険株式会社 JAHA クレジットカード対応