大事なワンちゃんネコちゃんをチーム医療で生涯、見守っていきます。

犬の予防と診療

痛みやつらい症状をできるだけワンちゃんから遠ざけて、いつまでも元気でおだやかに。
予防や病気の早期発見は、ワンちゃんが楽しく長生きするためにとても重要なこと。
予防と治療のほか、ライフステージごとの定期健診、フードの選び方、しつけについて、そして日々のケアといったアドバイスでよりよい生活をサポートします。

ワンちゃんの4大予防

ワンちゃんの4大予防は、ノミダニ予防、ワクチン接種、狂犬病ワクチン接種、そしてフィラリア予防です。
これは、感染しやすく重症化すると命にかかわる病気や、人にうつる病気と寄生虫を防ぐもの。
ワンちゃんの病気や寄生虫は、ワンちゃん同士の触れ合いや、感染したワンちゃんが触れたものなどから感染する場合がありますので、当院のドッグランではこの4大予防をしっかり行っているワンちゃんのみが利用できる厳格なルールを定めて、ワンちゃんの健康を守っています。
予防と健康診断をいっしょに受けることもできます。

混合ワクチン接種

ワンちゃんの間で流行りやすく、感染すると重症化しやすい病気を予防するワクチンです。
ワクチンを接種することで、弱毒化した病原体が自己免疫力を高めます。
効果が有効とされているのは1年間ですので、毎年の接種が必要です。
当院では、ワンちゃんのライフスタイルに合わせて5種・6種・8種のワクチンから選択していただいています。

子犬の場合は、母子免疫の消失時期を考慮し、下記のタイミングで3回接種します。
こうすることで、体内から免疫のない時期を作らないようにします。
生後1年間に3回の接種を受けたら、翌年以降は年1回の接種になります。

まれにしかありませんが万が一のトラブルに素早く的確に対応するため、予防接種をご希望される場合、午前中にいらしていただいています。

第1回 6~8週齢
第2回 9~11週齢
第3回 12~14週齢

狂犬病ワクチン

「狂犬病」とは、人や犬を含め哺乳類のほとんどが感染する恐ろしい病気で、万が一発症してしまった場合は死亡率が100%といわれています。
ワンちゃんだけでなく人の命を守るため、狂犬病ワクチン接種は法律で義務づけられています。
※狂犬病予防法に基づくと、生後91日齢以降の犬(子犬購入時など)、あるいは成犬でも飼育を始めて30日以内に予防接種を行い、役場に登録しなくてはいけません。
なお、当院は相模原市獣医師会に所属しているので、狂犬病鑑札をその場ですぐにお渡しできます。

フィラリア予防

犬フィラリア症とは、「犬糸状虫」という名前の寄生虫が心臓に寄生してしまう病気です。
長さが30㎝もある細長い虫が心臓に入り込む為、血液の循環が悪くなり、様々な全身症状が引き起こされ死に至ることもあります。
「蚊」が運び屋となって広がり、主に犬から犬に感染しますが人や猫にも感染してしまった例もあります。5月~12月までに「月1回」体重に見合った量の薬を飲ませて予防しましょう。
お薬にはチュアブルタイプや錠剤など、ワンちゃんの個性や好みに合わせたものをお選びいただけます。
※すでに感染している犬に予防薬を投与するとショック死をすることもあるので、毎年1回投薬前に血液検査が必要です。

ノミ・マダニ予防

このあたりは森があって緑が多く、川も流れています。草むらや木立の中、河原などにはマダニが多く生息しています。散歩でマダニがついてしまうケースは珍しくありません。
マダニの被害では、人が死ぬこともあります。ワンちゃんだけでなく、ご家族を守るためにも予防が重要です。また、ノミやマダニは単にワンちゃんの血を吸うだけではありません。
吸うときに血が固まってしまわないよう唾液を注入するのですが、この中にアレルギー物質のもとや人間に害のある細菌・ウイルスなどの病原体が潜んでいる可能性があります。
また、一匹のメスのノミは一日におよそ30個の卵を産み、100日余りもあなたのペットの上で生息し繁殖することができます。
卵はカーペットや家具類の上に落ち、そこで8ヶ月余りもの間休眠状態に入ることができます。
ノミやダニは驚くほどに多く繁殖してしまいます。
おやつタイプのお薬で外部寄生中の感染を予防・駆除できます。詳しくは病院にてお尋ねください。

<マイクロチップについて>

マイクロチップとは、直径2㎜、全長12㎜の円筒形の生体適合ガラスでできており、専用のリーダーで読み取って登録番号を確認するものです。
この登録番号は世界で唯一の番号なので、確実に飼い主様のワンちゃんであることが分かります。 

当院では以下の理由によりマイクロチップの装着を推進しています。

1.迷子で保護された際にワンちゃんの身元がすぐ確認できます。
2.災害時にもしはぐれても、飼い主様の元に帰ってくる確率が高まります。
3.番号の変更、改ざん、消去ができないので、ワンちゃんの盗難などがもし起こっても、確実な身元証明が可能となります。
4.事故に遭って怪我をした状態で保護された時も、収容されることなく飼い主様の元へ戻ることができます。
5.海外旅行などで検疫がスムーズになり、短時間で出入国できます。入国にマイクロチップ必須の国もあります。

注入方法は、一般的な皮下注射とほとんど変わりなく、ワンちゃんのお身体に負担をかけることはありませんし、とても安全です。
マイクロチップの注入は簡単に行うことができます。お気軽にご相談ください。

<診療について>

木下動物病院では、チーム医療でそのコの情報をスタッフ全員が共有しながら診療に当たっています。

ワンちゃんが病気になった時に見せる主な症状には、嘔吐、ウンチやオシッコのトラブル、そして元気のなさなどがあります。
こうした症状は、軽い風邪や消化不良で起こることもありますし、重篤な病気がかくれている場合もあります。靴下などの異物を食べてしまうこともあるので、ご注意ください。
ちょっとした変化を見逃さず、気になることがありましたらなんでもお気軽にご相談ください。

診療においては各段階でインフォームドコンセントを重要視しています。現在の状態や今後の見通し、治療方法に関するいくつもの選択肢、それぞれのメリットとデメリット、ワンちゃんのお身体への負担、費用や治療期間などについて、具体的でわかりやすいご説明を行っています。

当院の副院長は継続的に、大学病院で研修医として研修を行っています。そのため、難しい病気をしっかり見極め、最新の高度医療についての深い知識を基に的確な診断や治療を行うことができます。また、専門性の高い分野であり、ご相談が多い整形外科に関しては、専門医による外来を開設しています。それ以外の難しい症例に関しては、専門医や大学病院などの信頼できる高度医療機関をご紹介しています。

 

<手術や麻酔、お薬、歯のケアについて>

麻酔による危険性は必ず伴うものですが、現代の麻酔は以前に比べ格段に安全なものとなっています。さらに当院では術前の一般検査や血液検査による健康診断を行って、目に見えない問題がないかを確認します。
そして、手術中は麻酔下の心電図などをモニターで監視し、手術後は麻酔から完全に覚めるまでスタッフが注意深く見守ります。
ただし、まれではありますが想定できない事態が起こる可能性もないとは言えません。
麻酔をしなくてすむにこしたことはありませんが、手術や痛みのある処置では麻酔が必要になります。
年齢や持病、健康状態によってリスクは変わりますので、ご不安がある場合には一度ご相談ください。
また、手術など医療処置を行う上でどうしても多少の痛みが伴うこともあります。当院では痛みを最小限に抑えるため、最新の薬剤や医療機器を導入し先進医療を行っています。

動物病院で販売されているお薬は、農林水産省の処方指示薬が成分中に含まれている為、一般のペットショップでは販売することは出来ません。当院が処方する薬は効果の高い安全な薬です。また、当院では各ワンちゃんに合せたフードもご紹介しています。

歯のクリーニングはワンちゃんにとっても有効なもの。早く発見できれば、早期の虫歯治療は簡単にできます。歯のケアは、歯石を定期的に取るのが一番重要です。
人間と同様に歯垢や歯石の除去をするわけですが、人間のように口を開けていることが困難なので、麻酔をかけて行う場合もあります。一度きれいにしても歯石はまた付いてしまうので、定期的なケアが必要です。ホームケアで、できるだけ歯石がつかないようにしてあげましょう。
当院では、歯石を取ったワンちゃんに歯みがきのプレゼントをさしあげています。
虫歯は人間同様、ワンちゃんにとっても大変辛いものです。また、よだれをたらしたり、固いものを食べた時に痛がる様子があったり、口臭がひどくなった場合は歯槽膿漏の可能性もあります。
歯槽膿漏が進行すると顎の骨も溶けてしまう怖い病気です。
ですから、その際には歯を抜かなければならないのか、歯石の除去だけで大丈夫なのか慎重な判断が必要になります。
当院では歯のクリーニングや治療のほか、歯みがき相談やホームケアのアドバイスも行っていますので、ワンちゃんのお口のことが気になるようでしたら一度ご相談にいらしてください。

<整形外科(専門医外来)>

当院では2013年より整形疾患のための専門外来を開設しています。
歩き方や関節などに不安を抱えているワンちゃんは驚くほど多いものです。
整形外科は専門性の高い分野ですので、整形外科を専門的に勉強している先生をお招きして診察をしていただいています。
一般臨床医とは違った、専門医の目線で、きめ細やかな診断、説明をじっくり納得いくまで実施いたします。ささいなことでも気になる症状や疑問がある方は是非ご活用ください。
診察は月に一度、完全予約制で行っています。診察をご希望の方は事前に電話にてご予約ください。


こんな症状やご不安がありましたら、ご相談ください。

歩き方が少し変わっている
時々足を痛がる
関節の形がおかしい
長年サプリメントを飲んでいるがいつまで続ければいいのか?
最近年齢のせいか散歩時間が短くなった
子犬を飼いはじめたのだが、遺伝性疾患がないか心配
整形疾患(膝蓋骨脱臼、股関節形成不全、前十字靭帯断裂など)と診断されたが、もう少し専門的な話が聞きたい

 

【診療予定日】診療カレンダーへ

*時間指定の完全予約制です。病院の混雑状況によってはお待ちいただくこともありますのであらかじめご了承ください。

【整形外科専門外来診療担当獣医師】
安川 慎二
経歴

2009年 麻布大学獣医学部獣医学科卒業(第二外科研究室)
2009~2012年 辻堂犬猫病院 勤務
2012年~現在 DVMsどうぶつ医療センター横浜 勤務
2012年~現在 日本大学生物資源科学部獣医外科学研究室(博士課程)

<再生医療>

治療法がないとあきらめていませんか?

当院では、がんに対する活性化リンパ球療法や樹状細胞療法、脊髄損傷などに対する脂肪幹細胞療法などの高度先進医療を利用して、これまで治療を諦めざるを得なかった症例に対する新たな治療法を提供いたします。


再生医療(細胞治療)とは?

自分自身の細胞を体外で培養し、病気や怪我の治療に役立てる治療法を再生医療(細胞治療)と言います。これまで、治療法が存在しなかった病気などに対する新しい治療法として注目され、世界中で研究が行われています。ヒト医療においては、厚生労働省の先進医療に認定されており、すでに大学病院や医療機関などの臨床現場おいて利用が始まっている治療方法でもあります。
再生医療は、本人から採取した細胞を体の外で増やし、生理活性物質や細胞が増えるための足場を加えることで,目的にあった細胞に変化(分化といいます)させた後に、本人に移植することが基本になります。当院では主に2種類の再生医療を行っています。

① 免疫細胞療法
人間には生まれつき免疫とよばれる働きが備わっており、体の中に侵入した細菌やウイルスを、体の中から取り除く働きがあります。体の免疫は、癌ができたり、転移したりすることとも、密接な関係があります。体の免疫力が低下した状態では、癌ができやすくなることが知られています。
癌は通常、手術や抗癌剤、放射線で取り除こうとするのが一般的ですが、近年はこれとは別に、人間の体に生まれつき備わっている免疫の力を利用したり、免疫の力を強めたりすることで癌の発症や進展を抑えようとすることが試みられています。これが免疫療法と呼ばれているものです。

免疫療法の4つの特徴
・ 副作用がほとんど見られない
・ 延命効果がみられる
・ 自覚症状の改善が図れる
・ 他の療法との相乗効果

② 幹細胞免疫療法
動物の体には、さまざまな器官や臓器などに変化する(「分化する」といいます)細胞が存在します。この細胞は幹細胞(かんさいぼう)と呼ばれ、幹細胞療法とは、この細胞を体外で培養し、イヌやネコの体に戻してあげることで、失われた臓器や怪我の再生を行う治療法です。
幹細胞療法では、2種類の幹細胞を利用します。ひとつは骨髄に含まれる骨髄液中に存在する骨髄幹(こつずいかん)細胞、もうひとつは皮下脂肪の中に含まれる脂肪幹(しぼうかん)細胞です。
骨髄や皮下脂肪由来の幹細胞は、骨や、軟骨、筋肉や心筋細胞、そして血管を形作る細胞に分化することが知られています。幹細胞療法は、これらの分化する能力を利用することで、自分の細胞から必要な器官や臓器を「再生」させる治療法なのです。

治療対象疾患例
椎間板ヘルニア、炎症性腸疾患(IBD)、自己免疫疾患、腎不全、肝不全、膵炎、アトピー性皮膚炎など

その他様々な疾患で適応可能となりうる、発展途上の治療法です。
治療法がないと諦める前に、当院へご相談ください。

参考:株式会社J-ARM(http://j-arm.biz/)

 

活性化リンパ球(CAT)療法

イヌ、ネコの血液(10-12ml)からリンパ球を回収し、薬剤を加えてリンパ球の活性化・増殖を行ないます。2週間後、およそ1,000倍に増えたリンパ球を洗浄・回収し、点滴で体内に戻します。

脂肪幹細胞療法(ADSC療法)

脂肪幹細胞は皮下脂肪に存在しています。動物から脂肪組織を少しだけ採取し、幹細胞を単離、細胞を培養します。2週間かけて細胞の数を増やしてから、細胞を集め、洗浄して、患部への直接の注射や点滴によって体内に投与します。

<腫瘍科>

内容は今後追加していきます。

診察については直接お問い合わせください。

<内視鏡>

 
 

当院では動物用内視鏡システムを導入し、消化器疾患の診断および治療を積極的に行っています。大小2つのビデオスコープを備えていますので、猫や小型犬から大型犬まで対応可能です。症状を言葉で伝えられない動物の診療に、高画質な画像が威力を発揮し、日常診療の頼れる"目"として観察・診断に役立ちます。また、オーナー様の不安に対して、動画による明確な説明が可能になります。

①慢性あるいは急性の吐き気(嘔吐)、下痢はありませんか?

こんな症状が現れたらご相談ください。
・時々嘔吐する
・体重が減少してきた
・血液検査でタンパクやアルブミンが低いと言われた
・時々下痢をする、血便がでる など

おおまかな診断までの流れは・・・

① しっかりとした問診、身体検査や検便、検尿、血液検査など基本的内容を必ず確認し、鑑別診断を立てます。

② レントゲン検査、超音波検査などの動物にストレスが少ない画像検査で異常がないか確認します。

③ この時点で診断ができれば、治療開始。あるいは治療による経過観察をします。

④ 上記の検査で原因がはっきりせず、治療により改善も認められなければ、全身麻酔下での内視鏡を検討します。

⑤ 症状に応じて 1)口から 2)お尻から 3)両方 の内視鏡を実施します。

⑥ 消化管粘膜の観察、組織生検を実施し、病理組織検査や遺伝子検査にて確定診断をします。

⑦ フード変更、内服薬、抗がん剤、外科、再生医療などによる治療を実施します。

 

正しい診断をしないと、適切な治療方針は決定できません。オーナー様と相談の上、決定していきますので、ちょっとした不安がある方はお気軽にご相談ください。

 

②動物たちはこんなものまで飲み込みます・・・

症例1:靴下の誤食
X線(横画像)

レントゲンにて胃内に何かありそうですが、なにかは分かりません・・・

 
内視鏡(胃内)

内視鏡にて初めて異物と確認できます。それでも何かは不明です。

 
摘出物

開腹手術をすることなく、内視鏡にて摘出できました。内容物は靴下です。内視鏡による摘出であれば、日帰りでの帰宅も可能です。

症例2:ボールとその他もろもろの誤食
バリウム造影(横画像)

この写真では異物はなさそうですね。

バリウム造影(縦画像)

人工物様の丸いものがありそうです。ボールかな・・・

内視鏡(胃内)

つかみにくい異物はバスケット鉗子にて摘出できます。

 
摘出したボール

直径2cmほどのゴム製のボールでした。

 
その他の異物

ボール以外にも様々な異物を認めたので、可能な限り摘出しました。

症例3:若齢犬、食欲旺盛、数か月に1回ほどの嘔吐、最近の吐血、誤食疑いないとの主訴
バリウム造影(横画像)

空腹のはずなのに、胃が膨らんでいます。まさか腫瘍・・・?

 
バリウム造影(縦画像)

胃の形がくっきりしています。異物ではないと言うけれど・・・試験開腹かな?

 
内視鏡(胃内)

いきなりの開腹は動物に負担があり、手術計画も立てづらくなります。まずは内視鏡で確認。異物と分かります。吐血の原因は異物による胃粘膜からの出血でした。巨大すぎて内視鏡での摘出は困難ですので、開腹手術となります。

摘出した異物

胃内をすべて占拠するほどの巨大な異物。これでも前日までは食欲旺盛です。

 
切断した異物

かなり固く普通のハサミでは切れません。

 
切断した異物

じゅうたんなどの切れ端を核に人間の毛髪が幾重にも重なって・・・塵も積もればとはまさにこのことですね。

症例4:高齢猫、時々の嘔吐、元気食欲あり、急性のショック
X線(横画像)

胃内にガスが充満しています。異物ははっきりしません。

 
X線(縦画像)

これでも何の異常か?はわかりません。

 
内視鏡(十二指腸内)

胃を出てすぐの腸内に異物が詰まっています。粘膜の色も悪く、内視鏡での摘出は困難です。

十二指腸

内視鏡で確認済みなので、手術がスムーズです。

 
摘出した異物

とても硬く、はさみでもなかなか切れません。こんな物は家にないそうです。

 
切断した異物

リビングなどの絨毯を少しずつ食べて、時間をかけて胃内で団子を作製したのですね。

<皮膚科(アレルギー科)>

内容は今後追加していきます。

診察については直接お問い合わせください。

<内分泌科>

内容は今後追加していきます。

診察については直接お問い合わせください。

<歯科>

内容は今後追加していきます。

診察については直接お問い合わせください。

木下動物病院 tel:042-763-1221
ペットホテル ドッグラン トリミング ドッグスクール わんにゃんドック 去勢 問診票ダウンロード オンラインストア動物ナビ アイペットペット保険対応動物病院 アニコム損害保険株式会社 JAHA クレジットカード対応